映像製作フロー「手法はデジタル、活かすのはアナログ思考」
映像製作フロー
映像製作打合せ
矢印

「何を一番伝えたいのか」、「何を目的とした映像なのか」などのコンセプト、映像の用途、内容・構成・予算・スケジュールなどを事前にお伺い、弊社から製作上のアイデア等をご提案します。

映像製作企画書・見積書
矢印

お打ち合わせの内容を考慮し、企画書、見積書を作成します。

シナリオ作成、製作スケジュール作成
矢印

企画書を元にシナリオ(映像の設計書)を作成します。作品の概要、映像の出来上がりをイメージしていただくためにシナリオを確認していただきます。確認後、スケジュールの調整を行います。

映像の撮影
矢印

シナリオ決定後、内容に合わせて撮影を行います。弊社では、撮影はもちろんのこと、キャスティング、照明、音声なども一貫して行いますのでスムーズな現場進行が可能です。
まず、撮影前にはロケハン(撮影現場の下見)を行い、スタジオや屋外の状況などを確認します。
撮影当日は、お客様にもご同行いただき、撮影内容などのお気づきの点をチェックしていただきます。

映像編集
矢印

撮影後、シナリオを基に編集作業に入ります。
テロップ、特殊効果などの挿入も行い、クオリティの高い映像へと仕上げていきます。編集時に新たな発想が浮かんだ場合、シナリオを変更することもあります。

ナレーション収録、BGM
矢印

シナリオ原稿に基づいてナレーション収録を行い、タイミングを考慮し、映像と合わせていきます。そして、構成に合わせて音楽を選曲していきます。

完成版の試写
矢印

ご担当者様にご覧いただき、修正がある場合、迅速に処理し、後日、完成試写を行います。

納品

完成後、製作した映像の用途や目的、ターゲットに合わせて、DVD、ストリーミング映像、microSDカードなど、お客様のご希望にあわせたフォーマットで納品します。